赤ニキビとは

赤ニキビとは

赤ニキビとは文字通り赤みを帯びたニキビのこと。
状態としては炎症をすでにおこしている、あるいは炎症を起こしかけている状態です。
白ニキビや黒ニキビと比べて慎重で適切なケアや治療が必要になります。

 

特に、もう腫れ上がっている時には、とても潰れやすくなっています。
この状態で不用意に潰したりすると、大きな穴があいてニキビ跡の原因にもなります。

赤ニキビとは記事一覧

赤ニキビの治し方

赤ニキビは、炎症が治まってくれば、とりあえずは「治った」ということになるでしょう。ですが、治し方が間違っていれば、痕が残ったりすることがあり、肌にとっては危険な時期でもあります。赤ニキビの治し方といっても、基本的に特別な道具が必要な訳ではなく、それ以上に症状を悪化させないことが大原則です。ニキビをい...

≫続きを読む

赤ニキビの皮膚科の治療は?

赤ニキビを治そうとして、いろいろなスキンケアを試しているオタク的な人がいますが、間違ったケアを続けていると痕を残したりするリスクがあります。「怒った赤ニキビ」をキレイに治したいなら、やはり皮膚科を受診するのが賢明です。一般には大したことはないと思われがちなニキビも、立派な病気。だからこそ、病院へ行っ...

≫続きを読む

赤ニキビの薬

赤ニキビを早く治したいのはやまやまなのですが、病院へ行く時間がない。そういった向きに、頼りになるのが市販薬です。というより、大多数の人が真っ先に思い付く治療方法でしょう。ただ、ニキビ用といってもいろいろと種類があって、どれを選んだら良いか分からないという声が多いのも事実。そうかといって、適当に見つく...

≫続きを読む

赤ニキビにオロナイン?

肌荒れ一般に効果がある万能薬として、オロナインを今でも常備している家庭は多いことでしょう。近ごろでは、赤ニキビの治療でも効果があると評判になり、意外なところに特効薬がと感慨深いものさえあります。オロナインには、クロルヘキシジングルコン酸塩20%という成分が、1gにつき10r配合されています。効果効能...

≫続きを読む

赤ニキビにマキロン?

子どもの頃、よく怪我をしてマキロンを塗ってもらった記憶の持ち主は多いものと目されます。大人になってからも、赤ニキビに効くからということで、注目度を高めています。赤ニキビは、一種の炎症ですから、傷を治療する薬を使って効果が現れたというのも、考えれば納得のいく話です。マキロンには、消炎作用、抗菌作用など...

≫続きを読む

赤ニキビに目薬?

赤ニキビが目薬で治る? と聞くと、知らない人には新手の都市伝説かと映るかもしれません。ですが、これは全くもってまじめな話であり、近ごろでは女性誌に取り上げられるなどして、口コミで評判が広まりつつあるのです。もっとも、目薬なら何でもいいという訳ではなくて、充血を抑えるためのものがよろしいようです。有効...

≫続きを読む

赤ニキビを潰す

赤ニキビは、いじってはいけないというのが、専門家も含めて世間一般の常識です。それは分かってはいても、ついつい潰すことが習慣になってしまい、ニキビが治った後も、痕が残ったりするのは、人間の性なのかもしれません。赤ニキビは、患部においてアクネ桿菌が増殖し、赤く腫れて炎症が起きている状態にあります。痛みを...

≫続きを読む

赤ニキビが痛い

赤ニキビは、アクネ桿菌により炎症が起きたものなので、痛いと感じることが多いものです。痛いのを我慢し、かつ炎症を悪化させないため潰したりなどせず清潔さをキープしていけば、いずれ炎症は治まっていきますが、早く治したければ、薬を使うなどのケアが必要になります。ニキビの原因となるアクネ桿菌は、誰の肌にもすん...

≫続きを読む

赤ニキビ跡

ニキビが赤く腫れるのは、痛みを伴うことが多く辛いものですが、治った後も、赤ニキビ跡となって残ってしまうことがあります。ニキビがあった部分に赤みが残ったり、クレーターのように凸凹ができたりして、美容の面でも厄介な問題です。赤ニキビ跡は、多くの場合、ニキビをいじったり潰したりして、患部にできた炎症を悪化...

≫続きを読む

赤ニキビの時の化粧

一昔前だったら、赤ニキビの患者が、化粧をしても良いかと尋ねたら、患者のバックグラウンドを考えるまでもなく、一律にダメだと指導されることが多かったものと目されます。現在では、多少柔軟に考えられるようになったようですが、それでも医師の間でも否定的な意見は根強くあるようです。化粧に際しては、ベースメークア...

≫続きを読む

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!