赤ニキビの薬

赤ニキビの薬

赤ニキビを早く治したいのはやまやまなのですが、病院へ行く時間がない。
そういった向きに、頼りになるのが市販薬です。
というより、大多数の人が真っ先に思い付く治療方法でしょう。

 

ただ、ニキビ用といってもいろいろと種類があって、どれを選んだら良いか分からないという声が多いのも事実。
そうかといって、適当に見つくろったり、取りあえず家にあるものを使って済ませたりすると、赤ニキビが治るどころか悪化してしまうことがあるので、いい加減な気持ちで使うのはNGです。

 

赤ニキビは、アクネ桿菌が増殖して、患部が炎症を起こした状態にあります。
塗り薬にしても飲み薬にしても、殺菌成分や消炎成分がアクネ桿菌の増殖を抑え、炎症を抑えていくことを主眼としています。
所定の使い方を守ってこそ、赤ニキビに対する効果が期待できるのです。

 

購入に際しては、パッケージの説明を読むなどして、自分の症状や体質に合ったものを選び取りたいものです。
ついでに他の病気で薬を使っている場合は、赤ニキビ治療と併用しても問題がないか、薬剤師に相談すると良いでしょう。

 

ともかくも、使ってみた上で、副作用が現れたり、2週間ほど使っても、赤ニキビに対して効果が現れなかったりした場合、迷わずに即使用を中止するべきです。
その後は、その薬を持参し、皮膚科を受診し指示を仰ぐようにすれば完璧です。

 

また、捨てるのが惜しいからといって、いつ買ったのか分からないようなものを使っている人も中にはいますが、古くなったものは効き目が失われていたり、雑菌がついて不潔になっていたりすることがあり、使用は非常にリスキーです。パッケージや容器に表示された使用期限は厳守です。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!

関連ページ

赤ニキビの治し方
赤ニキビは、炎症が治まってくれば、とりあえずは「治った」ということになるでしょう。 ですが、治し方が間違っていれば、痕が残ったりすることがあり、肌にとっては危険な時期でもあります。
赤ニキビの皮膚科の治療は?
赤ニキビに皮膚科で処方される治療薬は、塗り薬・飲み薬の種類に分けられますが、アクネ桿菌の増殖を抑える抗菌剤や、炎症を抑えるための抗炎症剤が用いられるのが一般的です。
赤ニキビにオロナイン?
赤ニキビにオロナイン?効果効能を見ると、ニキビも含め肌トラブルに関しては多方面に及び、赤ニキビにも効くのではないかと、期待感を持つのが普通でしょう。
赤ニキビにマキロン?
赤ニキビにマキロンが流行している?なるほどマキロンには、消炎作用、抗菌作用など効能がある…。
赤ニキビに目薬?
赤ニキビに目薬。近ごろでは女性誌に取り上げられるなどして、口コミで評判が広まりつつあるのです。
赤ニキビを潰す
赤ニキビを潰すのはもっての他。もしつぶしてしまったら…。
赤ニキビが痛い
赤ニキビが痛い。それはニキビの中で炎症が起きているからです。
赤ニキビ跡
赤ニキビをつぶしたりこじらせたりするとニキビ跡になってしまいます。
赤ニキビの時の化粧
皮膚の状態を考えれば赤ニキビに化粧なんてもっての他かもしれません。けれど化粧によって赤ニキビを上手に目立たなくさせることはできます。