赤ニキビにマキロン?

赤ニキビにマキロンって効くの?

子どもの頃、よく怪我をしてマキロンを塗ってもらった記憶の持ち主は多いものと目されます。
大人になってからも、赤ニキビに効くからということで、注目度を高めています。

 

赤ニキビは、一種の炎症ですから、傷を治療する薬を使って効果が現れたというのも、考えれば納得のいく話です。
マキロンには、消炎作用、抗菌作用など効能があるので、ニキビの炎症に対しても、効果を発揮してくれそうです。

 

赤ニキビは、毛穴が詰まり、内部でアクネ桿菌による炎症を起こしたものです。
そこへ、マキロンを使って炎症を抑え、アクネ桿菌や雑菌の増殖を抑えれば、ニキビも治っていくという寸法なのでしょう。

 

また、マキロンには、組織修復の効能もあります。
程度にもよるのでしょうが、赤ニキビ後にできてしまった凸凹に対しても、多少の修復効果は見込めそうです。
もう手遅れだとあきらめずに、対策を講ずる価値はあります。

 

ニキビができた肌周辺は、バリア機能が甘くなってもいるので、取り扱いには注意が必要です。
マキロンをニキビに対して使う際は、脱脂綿に適量を含ませ、幹部にやさしく塗って、しみ込ませるようにするのがベストで、決して乱暴に押し付けてはいけません。

 

そうは言っても、メーカーにとっては、自社が誇るロングセラーの製品が、まさか赤ニキビ治療薬として使われているなど、想定外のことでしょう。
そこへもって、ニキビが治らないなどとクレームをぶつけても、応対者には何のことやらです。

 

現状では、専門役に代わる特効薬として確立されている訳ではなく、使用はあくまでも自己責任の範囲内です。
肌質でいえば、敏感肌や乾燥肌には、刺激が強すぎて不向きかもしれません。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!

関連ページ

赤ニキビの治し方
赤ニキビは、炎症が治まってくれば、とりあえずは「治った」ということになるでしょう。 ですが、治し方が間違っていれば、痕が残ったりすることがあり、肌にとっては危険な時期でもあります。
赤ニキビの皮膚科の治療は?
赤ニキビに皮膚科で処方される治療薬は、塗り薬・飲み薬の種類に分けられますが、アクネ桿菌の増殖を抑える抗菌剤や、炎症を抑えるための抗炎症剤が用いられるのが一般的です。
赤ニキビの薬
赤ニキビは、アクネ桿菌が増殖して、患部が炎症を起こした状態にあります。 塗り薬にしても飲み薬にしても、殺菌成分や消炎成分がアクネ桿菌の増殖を抑え、炎症を抑えていくことを主眼としています。
赤ニキビにオロナイン?
赤ニキビにオロナイン?効果効能を見ると、ニキビも含め肌トラブルに関しては多方面に及び、赤ニキビにも効くのではないかと、期待感を持つのが普通でしょう。
赤ニキビに目薬?
赤ニキビに目薬。近ごろでは女性誌に取り上げられるなどして、口コミで評判が広まりつつあるのです。
赤ニキビを潰す
赤ニキビを潰すのはもっての他。もしつぶしてしまったら…。
赤ニキビが痛い
赤ニキビが痛い。それはニキビの中で炎症が起きているからです。
赤ニキビ跡
赤ニキビをつぶしたりこじらせたりするとニキビ跡になってしまいます。
赤ニキビの時の化粧
皮膚の状態を考えれば赤ニキビに化粧なんてもっての他かもしれません。けれど化粧によって赤ニキビを上手に目立たなくさせることはできます。