赤ニキビが痛い

赤ニキビが痛い

赤ニキビは、アクネ桿菌により炎症が起きたものなので、痛いと感じることが多いものです。
痛いのを我慢し、かつ炎症を悪化させないため潰したりなどせず清潔さをキープしていけば、いずれ炎症は治まっていきますが、早く治したければ、薬を使うなどのケアが必要になります。

 

ニキビの原因となるアクネ桿菌は、誰の肌にもすんでいる常在菌の一つです。
通常なら問題はないのですが、空気のない環境下で増殖する性質があるので、毛穴に皮脂や垢が詰まって密閉された状態になると大繁殖し、赤ニキビの原因となるのです。

 

見た目にも、患部は赤く腫れているので、赤ニキビができたことは、かんたんに分かります。
感覚的にも、痛いことが普通のことなので、体の方から何とかケアしてくれと、ご丁寧にも2方面から訴えかけてくるのです。

 

赤ニキビが痛いと、つい潰してしまう人は多いでしょうが、これは絶対にNGの行為です。
潰したところから細菌感染し、炎症をさらに悪化させることになるのが落ちです。
ひどい場合は、炎症が治まった後も、クレーターのような痕が残ってしまうことがあります。

 

初期ニキビの白ニキビに対しては、洗顔などのかんたんなケアで快方に向かうことは多いものですが、炎症が起きている赤ニキビに対しては、薬を使うなど少々手の込んだケアが必要になります。
歯が痛いのも歯科医で治療受ければ治まるのと同様に、ニキビも適切な治療を受ければ、諸々の症状も改善されていくことでしょう。

 

ちなみに、皮膚科では、多くの場合、塗り薬や飲み薬が処方されます。
抗炎症作用、抗菌作用を持った薬で、ニキビの成長を根本方断ち切り、痕も残らずキレイに治すことができます。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!

関連ページ

赤ニキビの治し方
赤ニキビは、炎症が治まってくれば、とりあえずは「治った」ということになるでしょう。 ですが、治し方が間違っていれば、痕が残ったりすることがあり、肌にとっては危険な時期でもあります。
赤ニキビの皮膚科の治療は?
赤ニキビに皮膚科で処方される治療薬は、塗り薬・飲み薬の種類に分けられますが、アクネ桿菌の増殖を抑える抗菌剤や、炎症を抑えるための抗炎症剤が用いられるのが一般的です。
赤ニキビの薬
赤ニキビは、アクネ桿菌が増殖して、患部が炎症を起こした状態にあります。 塗り薬にしても飲み薬にしても、殺菌成分や消炎成分がアクネ桿菌の増殖を抑え、炎症を抑えていくことを主眼としています。
赤ニキビにオロナイン?
赤ニキビにオロナイン?効果効能を見ると、ニキビも含め肌トラブルに関しては多方面に及び、赤ニキビにも効くのではないかと、期待感を持つのが普通でしょう。
赤ニキビにマキロン?
赤ニキビにマキロンが流行している?なるほどマキロンには、消炎作用、抗菌作用など効能がある…。
赤ニキビに目薬?
赤ニキビに目薬。近ごろでは女性誌に取り上げられるなどして、口コミで評判が広まりつつあるのです。
赤ニキビを潰す
赤ニキビを潰すのはもっての他。もしつぶしてしまったら…。
赤ニキビ跡
赤ニキビをつぶしたりこじらせたりするとニキビ跡になってしまいます。
赤ニキビの時の化粧
皮膚の状態を考えれば赤ニキビに化粧なんてもっての他かもしれません。けれど化粧によって赤ニキビを上手に目立たなくさせることはできます。