赤ニキビ跡

赤ニキビ跡

ニキビが赤く腫れるのは、痛みを伴うことが多く辛いものですが、治った後も、赤ニキビ跡となって残ってしまうことがあります。
ニキビがあった部分に赤みが残ったり、クレーターのように凸凹ができたりして、美容の面でも厄介な問題です。

 

赤ニキビ跡は、多くの場合、ニキビをいじったり潰したりして、患部にできた炎症を悪化させたことが原因でできるものです。
ダメだと分かってはいても、つい手が伸びてしまうのは、貧乏ゆすりなどと同様、何とも説明のしようのないのかもしれません。

 

いったん赤ニキビ跡ができてしまえば、完治させることは非常に困難なことです。
凸凹は、自然には決して治るものではないので、適切なケアが必要になります。
一般的なニキビ治療薬に加え、最近ではマキロンなどの傷薬、はてまた充血用の目薬が効果的との口コミはあります。もっとも、こういったものは軽度のニキビには効果的なのかもしれませんが、ザックリとできたニキビには、焼け石に水程度と考えるのが妥当でしょう。

 

一般的に、肌トラブルといえば皮膚科ですが、皮膚科は今あるニキビに対しての治療が本領です。
赤ニキビ跡となると、ケミカルピーリングやレーザー治療といった最新鋭の施術が受けられる美容皮膚科の方が有望視されます。

 

美容皮膚科は、従来治療が難しいとされてきたニキビ跡にも、果敢に挑戦します。
ただ、ケミカルピーリングにせよレーザー治療にせよ、赤ニキビ跡を目立たなくさせるまでには、一回治療を受けただけではダメで、数回の施術を受けるのが標準的です。
程度にもよりますが、健康保険が効かないので、1回1、2万円代かかるとして、総額10万円以上の費用は覚悟の上です。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!

関連ページ

赤ニキビの治し方
赤ニキビは、炎症が治まってくれば、とりあえずは「治った」ということになるでしょう。 ですが、治し方が間違っていれば、痕が残ったりすることがあり、肌にとっては危険な時期でもあります。
赤ニキビの皮膚科の治療は?
赤ニキビに皮膚科で処方される治療薬は、塗り薬・飲み薬の種類に分けられますが、アクネ桿菌の増殖を抑える抗菌剤や、炎症を抑えるための抗炎症剤が用いられるのが一般的です。
赤ニキビの薬
赤ニキビは、アクネ桿菌が増殖して、患部が炎症を起こした状態にあります。 塗り薬にしても飲み薬にしても、殺菌成分や消炎成分がアクネ桿菌の増殖を抑え、炎症を抑えていくことを主眼としています。
赤ニキビにオロナイン?
赤ニキビにオロナイン?効果効能を見ると、ニキビも含め肌トラブルに関しては多方面に及び、赤ニキビにも効くのではないかと、期待感を持つのが普通でしょう。
赤ニキビにマキロン?
赤ニキビにマキロンが流行している?なるほどマキロンには、消炎作用、抗菌作用など効能がある…。
赤ニキビに目薬?
赤ニキビに目薬。近ごろでは女性誌に取り上げられるなどして、口コミで評判が広まりつつあるのです。
赤ニキビを潰す
赤ニキビを潰すのはもっての他。もしつぶしてしまったら…。
赤ニキビが痛い
赤ニキビが痛い。それはニキビの中で炎症が起きているからです。
赤ニキビの時の化粧
皮膚の状態を考えれば赤ニキビに化粧なんてもっての他かもしれません。けれど化粧によって赤ニキビを上手に目立たなくさせることはできます。