大人ニキビの美容液

大人にきびの対策はスキンケアが大切、美容液選びも重要なポイント

大人にきびの場合の乳液や美容液は、

 

もしご自分が脂性タイプの肌特性がある場合は

 

基本的に乳液や美容液等の化粧品は不要です。

 

その逆で乾燥肌タイプの方は、これらの化粧品を使います。

 

出来るだけ顔全体に使わずに、

 

乾燥する部分だけこれらの化粧品で保湿するようにします。

 

 

 

保湿は水溶性の保湿成分が含まれているタイプ、

 

例えばアミノ酸やヒアルロン酸を主成分とする化粧品を使いましょう。

 

乾燥肌を防ぐには、洗顔の際に皮脂を取りすぎないようにする必要があります。

 

洗顔には弱酸性の洗顔料を使用し、にきびをつぶさないように優しく洗顔し、

 

化粧水などで水分補給をするといいでしょう。

 

そのほか、エアコンや暖房などを使用するときの

 

室温や湿度などにも注意したほうが、

 

乾燥肌の方の大人にきびに有効だと思います。

 

 

 

また化粧品の中には、

 

にきびの原因菌を育ててしまう栄養分を

 

含んでいるものもあるようですから注意してください。

 

ビタミンCもばい菌が好む栄養素なのですが、

 

ビタミンCは皮脂の分泌を抑える作用があるため、

 

にきびにはなりにくいのいです。

 

他には、活性酸素を消す抗酸化成分が

 

高濃度含有されている化粧品はにきびを作りにくいとされています。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!