大人ニキビの化粧水

大人にきび用に開発された化粧品とは

毎日肌に触れる化粧品。
これが、大人ニキビとかかわがないわけがありません。

 

化粧品とはメイクアップ用品だけでなく、スキンケア目的の化粧水といった基礎化粧品も範疇に入るわけです。
それらが肌質にマッチしていなかったなら、当然、肌も荒れます。
荒れた肌を、身体はなんとか補修しようとしますから、そこで過剰な皮脂が分泌されたりもします。
もともと肌が荒れて弱っていますから、そこに細菌などが加われば、化膿したニキビのできあがりです。

 

また、ニキビなどのお肌のウィークポイントをメイクアップで隠そうとすることもあるでしょう。
もちろん、上手な隠し方もできます。
けれど、ちょうどニキビの部分を狙って(外さずに)塗られるわけですから、これももしニキビを刺激するような成分であれば、ニキビが怒ります。
そこまでいかなくても、ニキビ部分の肌質となじまない成分ならば、やはり好ましくない事態となるでしょう。

 

そこで、基礎化粧品、メイクアップ化粧品、いずれも、大人ニキビのことをよく考慮された化粧品が望まれます。
各社から発表されているものには、「刺激性成分が入っていない」「有害な添加物が入っていない」などの他、「炎症を抑える」といった働きが期待される成分が配合されていることがあります。

 

また、大人ニキビがホルモンバランスと深く関わっていることから、「女性ホルモンに注目」して開発されたニキビ用化粧品もあります。

 

いずれも、多くの場合はサンプルや試用セットなどがありますから、試してみることがよいでしょう。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!