にきびの根本治療

にきびの炎症を抑えだけでは根本治療にはなりません

「皮膚は内臓を写す鏡」と言われるように、

 

皮膚の症状と体内の不調とは深く関わっています。

 

したがって漢方では、ニキビだけを診て治療をするだけでなく、

 

ニキビができる根本的な原因を探り当てて、

 

そこを改善させていくことを目的にします。

 

あわせてニキビそのものをよくしていく漢方薬を用いることもあります。

 

専門的には病気の根本的な原因や

 

体質を改善して病気になりにくい体を作る治療を「本治療」、

 

症状そのものを抑える治療を「標治療」と言います。

 

これはニキビの治療に限らず、多くの漢方治療で共通する治療方針です。

 

 

 

標治療では、ニキビなどの皮膚の炎症は「熱」ととらえ、

 

基本的にはその熱を抑えることを目的にした「清熱剤」を用います。

 

清熱剤にもいくつかあり、

 

その人の体質やほかの症状を加味しながら薬を選んでいきます。

 

 

 

一方、本治療では、便秘や下痢などの胃腸障害が背景にあれば、

 

お腹の調子を整える漢方薬を、

 

えや血行不良が背景にあれば体を温めて冷えをとったり、

 

血行をよくしたりする漢方薬を用います。ニキビが化膿しやすい人は、

 

免疫力を高めて感染しにくい体質に変える薬を処方します。

 

根本的な不調を改善させることから、ニキビの治療を始めると、

 

生理不順が治ったり、お通じがよくなったり、

 

お腹の調子が整ったりすることがしばしばあります。

 

漢方の診察では、独特の「四診」と呼ばれる方法がとられます。

 

一見、ニキビとはあまり関係ないように思われることを水で尋ねられたり、

 

お腹や舌、脈を診たりすることがあります。

 

処方される薬も胃腸の薬であったり、

 

虚弱体質を治す薬であったりと、さまざまです。

 

体質改善を目的にするため、長期にわたって服用することが必要で、

 

忘れずに根気よく飲み続けることが、

 

ニキビの根本治療の最大の鍵となります。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!