黒ニキビの薬

黒ニキビの薬

黒ニキビは突然にできるものではなく、白ニキビの段階から、毛穴に詰まった状態の皮脂や垢が酸化してできるものです。
そういうことから考えると、一般向けのニキビの炎症を抑えたり殺菌したりする薬を使っても、ダイレクトに効果が得られるとは限りません。

 

市販の一般的なニキビ治療薬は、殺菌の他、余分な皮脂を取り除くことを主眼とします。
そこへ乾燥肌なのに、脂性肌用を使いでもしたら、肌が乾燥しすぎて、黒ニキビの治療どころではなくなるでしょう。
選ぶ際は、自分の肌が、普通肌、脂性肌、乾燥肌、混合肌の内、どのタイプに当てはまるかを認識した上で、各人の肌質に合ったものを選び取りたいものです。

 

また、黒ニキビをキレイにカクジツに治したいなら、皮膚科や美容皮膚科を受診するという選択肢もあります。
皮膚科は今できているニキビ治療に重点が置かれ、塗り薬や飲み薬が処方されます。
2008年10月からは、アダパレン(ディフェリンゲル0.1%)の処方が開始され、黒ニキビなど初期のニキビに効果的であり、健康保険も適用されるしということで、医師の間でも評判になっています。

 

一方、美容皮膚科は、ニキビの赤みや痕に対するケアで定評があります。
ケミカルピーリングやレーザー治療などで、何度が繰り返すことで、ニキビを予防する効果が期待できます。
ただし、原則として健康保険の適用外となるので、費用が高額になるのがデメリットと言えます。

 

こういった西洋医学以外では、漢方も有力手段です。
黒ニキビなど、肌荒れ一般に利用されることの多いヨクイニンとは、はと麦のことです。
はと麦茶もオススメで、薬と比較して即効性はないものの、常飲すれば徐々にでも症状の改善が見込めます。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!

関連ページ

黒ニキビを治す方法
黒ニキビはニキビの初期段階でもあるので、適切なケアによってニキビ跡もなく治すことができます。
黒ニキビにオロナイン?
黒ニキビにオロナイン?もっとも、オロナインはニキビ対策に特化した薬ではないので過大な期待は…。
黒ニキビで皮膚科?
黒ニキビで皮膚科?塗り薬はクンメルフェルド液、飲み薬にはテトラサイクリン系などが定番。症状に合わせて、適切な薬剤が処方されるでしょう。
黒ニキビを押し出す
一般に、ニキビはつぶしてはいけないと言われますが、黒ニキビを押し出すことは、実は立派な治療方法の一つです。
黒ニキビを放置すると?
黒ニキビを放置するとそのまま自然に治る?それとも炎症する?
ディフェリンが黒ニキビに効く?
ディフェリンが黒ニキビに効く?ディフェリンは、有効成分がアダパレンという成分の商品名で、日本でも2008年10月より処方が開始されています。
黒ニキビの芯
黒ニキビの芯、押し出す?つぶす?放置しておく?
黒ニキビの穴
黒ニキビの穴。痕が黒ニキビの穴や色素沈着となって残ってしまうことがあります。
鼻の黒ニキビ
ニキビの中でも、鼻の黒ニキビに悩む人は結構多いようです。