ディフェリンが黒ニキビに効く?

ディフェリンが黒ニキビに効く?

つい最近までは、皮膚科におけるニキビ治療は、診断を経て抗炎症剤や抗菌剤が処方されるのが主流で、それにビタミン剤が付属するといった状況で、主として赤ニキビや黄ニキビの治療に重きを置いていたきらいはありました。
しかし近年、ディフェリンが登場し、黒ニキビや白ニキビに対しても、より有効な手段が採れるようになっています。

 

ディフェリンは、有効成分がアダパレンという成分の商品名で、日本でも2008年10月より処方が開始されています。
炎症を起こした状態の赤ニキビなどは少々手に余るようですが、黒ニキビや白ニキビといった初期のニキビに対しては、効果大という評判です。

 

ディフェリンには、皮脂の分泌を抑える効能があることから、ニキビ治療、特に、黒ニキビや白ニキビには大なる効果を発揮すると言います。
皮膚科で処方される薬品であることから、健康保険が効くのもメリットに挙げられます。

 

ただ、ディフェリンを使用すると、肌がヒリヒリしたり赤みを帯びたりするといった副作用を訴える向きは多いと言います。
それを乗り越えれば、夜寝る前の1日1回の使用で、黒ニキビが次第に改善されてくるという寸法なのですが、諸々のリスクを考えると、口コミや評判をチェックするなどして、少しでも腕の良い頼れる医師にかかりたいのが人情です。

 

もっとも、ディフェリンは、妊婦もしくは妊娠を予定する女性に対しては、処方されることはありません。
化学構造的に、合成ビタミンA誘導体のレチノイドであるため、胎児への影響が考えられるためです。
あと、12歳以下も使用はならないとありますが、子どもは黒ニキビとは無縁ですから、もとより使うことはないでしょう。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!

関連ページ

黒ニキビを治す方法
黒ニキビはニキビの初期段階でもあるので、適切なケアによってニキビ跡もなく治すことができます。
黒ニキビの薬
黒ニキビに使われる薬にもいくつかの種類があります。
黒ニキビにオロナイン?
黒ニキビにオロナイン?もっとも、オロナインはニキビ対策に特化した薬ではないので過大な期待は…。
黒ニキビで皮膚科?
黒ニキビで皮膚科?塗り薬はクンメルフェルド液、飲み薬にはテトラサイクリン系などが定番。症状に合わせて、適切な薬剤が処方されるでしょう。
黒ニキビを押し出す
一般に、ニキビはつぶしてはいけないと言われますが、黒ニキビを押し出すことは、実は立派な治療方法の一つです。
黒ニキビを放置すると?
黒ニキビを放置するとそのまま自然に治る?それとも炎症する?
黒ニキビの芯
黒ニキビの芯、押し出す?つぶす?放置しておく?
黒ニキビの穴
黒ニキビの穴。痕が黒ニキビの穴や色素沈着となって残ってしまうことがあります。
鼻の黒ニキビ
ニキビの中でも、鼻の黒ニキビに悩む人は結構多いようです。