大人ニキビの薬

大人にきびの薬には大きくわけてドラッグストアなどで買える市販薬と皮膚科などで処方される処方薬が…

大人にきび対策をするためには

 

洗顔をこまめにするなどの改善策も必要ですが、

 

大人にきびの薬も同時に塗ってケアしていきたいものです。

 

大人にきびの薬にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

大人にきびの薬には様々な種類がありますが、

 

代表的なものを挙げてみると、にきび治療のために医師が処方してくれる薬、

 

にきびのための漢方薬、

 

市販の製薬メーカーで出ているにきびケアの薬などがあります。

 

 

 

また使用の用途に応じてにきびに直接塗る薬と、

 

漢方薬のように服用するタイプのものがあります。

 

薬によっては合う合わないが人それぞれ違ってくるので、

 

ひどいにきびの場合は一度皮膚科に見てもらって

 

薬を処方してもらうのがいいでしょう。

 

市販の薬局で売っている物の中にも大人にきびの薬があります。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!