30代大人ニキビを治す方法

大人ニキビを治す化粧品

大人ニキビを治すことは「普通の化粧品」ではできません。
医薬部外品にあたる薬用化粧品の場合、「にきび」を効能効果にいれることができます。

 

それを前提として…

 

大人にきび対策として、にきび専用化粧品を選ぶポイントとしては、まず、刺激の強い成分配合を避けるということです。
よく、はじめての化粧品には、肌につけたらピリピリした、ということがあります。
こういった化粧品は、なんらかの刺激をあなたの肌にもたらしているわけですから、注意が必要です。

 

ひとつの目安としては、刺激の原因となりやすい各種添加物や合成物質の有無があります。

 

また、化粧品の中には、「美白」とか「シワ対策」を目的としたものがあります。
こういう成分にも、刺激の強い場合があります。

 

こうして考えると、なにも入っていない無味無臭の水みたいなものしか残らないのでは…。

 

ある意味では、その方向に走っている化粧品もあるのは事実です。
しかし、近年、各メーカーとも、大人ニキビについての研究も進み、いろいろなアプローチのものがでており、それなりの評価を受けています。

 

もとめられる機能としては…

 

●肌を傷めない、刺激しない。
●肌を清潔にする、保つ。
●乾燥を防ぐ。

 

というあたりは基本的に必要なところでしょう。
それに加え、たとえば炎症を抑える働きが期待される成分であるとか、いろいろな「加算点」があります。
大人ニキビがホルモンバランスの乱れと関係している、ということをヒントに、女性ホルモンに着目した化粧品もあります。
これなどは、最近、雑誌などでも話題になっているようです。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!