大人にきびの塗り薬

大人ニキビ用の塗り薬は市販品にも数種類あります

大人ニキビには、もちろんそれに適した塗り薬があります。

 

たとえば、皮膚科で診察をうけたときによく処方されるのが、「アクアチム」あるいは、「ナジフロキサシン」と呼ばれる薬です。

 

これは、抗生物質の外用剤。

 

抗生物質ですから、吹き出物の中で化膿を引き起こしている細菌の撃退が目的です。

 

 

この「アクアチム」の塗り薬には、軟膏やクリーム、あるいはローションなどの種類の形状があります。
どれを用いるかは医師の判断ですが、大人ニキビに対してはローション派が多いようです。

 

化膿止めの抗生物質なので、1日に何回も塗るものではありません。
基本的には1日2回、と、回数も定められています。
化粧の上から塗ってもしかたないので、洗顔後に塗るのが普通です。

 

また、市販されている塗り薬も各種あります。
購入するときは、自分の症状や希望をよく薬剤師に伝え、適したものを選んでもらいましょう。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!