白ニキビ

白きニキビとは

白ニキビとは文字通り色がまだ白い吹き出物で、いわゆるやっかいなニキビの初期段階にあたります。

 

初期段階ですから、炎症をおこした「怒ったニキビ」に比べれば対処は簡単なはずです。
しかし、痛いとかなどの自覚症状があまりないため、放置したままにしたり、逆にいじって潰して雑菌を招き入れたりしがちです。
白ニキビといえどもその対処によって経過は大きくかわるので、ただしい知識を頭に入れておきましょう。

白ニキビ記事一覧

白ニキビの原因

白ニキビは、皮脂や垢が毛穴に詰まった状態にあるもので、ニキビの初期段階に位置付けられます。その原因には、大きく、内因的なもの、外因的なものに大別されます。まず、内因的な原因としては、ホルモンバランスの乱れがトップに挙げられます。特に、男性ホルモンは、皮脂分泌を活性化させ、白ニキビをできやすくします。...

≫続きを読む

白ニキビを治す方法

白ニキビは、赤ニキビや黒ニキビへと悪化する前段階であるので、早めにケアすれば、後遺症もなく、比較的簡単に治すことができます。治す方法も、自分でできる簡単なものばかりです。まず、不潔な肌は、皮脂や垢を毛穴の中で出口をふさぐような格好になり、ニキビへダイレクトにつながります。朝晩の洗顔は欠かさず、夏季に...

≫続きを読む

白ニキビの画像

白ニキビとは、皮脂や垢がうまく体外へ排出されずに、毛穴に詰まった状態を指します。画像を見れば具体的にイメージできます。こんな感じ→http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%99%BD%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%93&oq=&ei=...

≫続きを読む

白ニキビが大量発生!

白ニキビは、「本気ニキビ」の前句段階です。かわいらしくひとつだけポツン、ということもありますが、できる時には1つ、2つなどと、バラけては決してやってきません。できるとすれば、額や頬などの発生しやすい部位に、大量発生することが多いようです。白ニキビは、ホルモンバランスの乱れ、糖分や脂分に偏った食事、睡...

≫続きを読む

白ニキビを潰す!

一般的に、ニキビを潰すことはいけないというのが、世間一般の常識です。潰したところから細菌感染し、炎症を悪化させたり、事後の処置が適切でなければ痕が残ったりするためです。ところが、白ニキビに限定して言えば、潰すことは、むしろ主要なケア方法でさえであるとの見解が、医療関係者を中心に流布しています。ニキビ...

≫続きを読む

白ニキビはどうしてあごにできやすい?

白ニキビは、あごにできることは多いようです。人目につきやすい箇所にボツボツができてしまえば、女性は特に男性ももちろん、見苦しいと感じる人が大半であるでしょうから、症状が悪化する前に、早めにケアを施したいところです。顔の中で、左右の頬、あご、首を結ぶラインは、Uゾーンと呼ばれ、Tゾーンと同様、白ニキビ...

≫続きを読む

顎の白ニキビのケア方法

白ニキビは、偏った食事や睡眠不足などが原因となってできるものですが、顎にできるニキビは、ホルモンバランスの乱れによるところが大きいようです。従って、いったん治っても、時間をおいて再びニキビができることも珍しいことではありません。顎は、顔の中でも紫外線などの外部の刺激にさらされやすい部位であり、白ニキ...

≫続きを読む

白ニキビが口周りに!

口周りも、比較的ニキビができやすい部位です。白ニキビが出来てしまえば、男性ならおいそれとカミソリも当てられず、また女性も口元が気になるあまり、友人との付き合いや職場などにおける対人関係にも影響を与えることになり兼ねません。白ニキビは、皮脂や垢が体外へうまく排出されずに、毛穴に詰まった状態を指します。...

≫続きを読む

白ニキビが頬に!

頬や顎にボツボツをつけた中高生は、青春真っ盛りという感じで、思春期のニキビは、ある意味で順調に身体が発達している証拠。ですが大人でも、白ニキビができることがあります。頬は、額や顎ほどではないにしても皮脂腺が多いので、体の他の部分と比較すれば、白ニキビができやすい部位です。しかも、頬は、できたニキビが...

≫続きを読む

白ニキビにディフェリン

ディフェリンとは、最近販売されるようになったニキビ治療薬のこと。医療関係者を中心に評判が高まっています。といっても、ニキビ全般をカバーしている訳ではなく、白ニキビと黒ニキビの、比較的症状が軽い内に限定して使用されるのが特徴です。ディフェリンは、2008年10月から健康保険が適用されるようになっていま...

≫続きを読む

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!