白ニキビが頬に!

白ニキビが頬に!

頬や顎にボツボツをつけた中高生は、青春真っ盛りという感じで、思春期のニキビは、ある意味で順調に身体が発達している証拠。
ですが大人でも、白ニキビができることがあります。

 

頬は、額や顎ほどではないにしても皮脂腺が多いので、体の他の部分と比較すれば、白ニキビができやすい部位です。
しかも、頬は、できたニキビが炎症を起こしやすい傾向があります。

 

また、頬杖をついたり触ったりと、とかく外部からの刺激を受けやすい部位でもあります。
ニキビができると、無意識の内にいじくったりして、症状を悪化させることが多く、完治が難しいのが厄介なところです。

 

通常、白ニキビは特定の箇所に1つ2つと、パラパラとできる訳ではありません。
できるとすれば、大量発生することが多いものです。
白っぽい突起を1つでも見付けたならば、頬全体に隠れたニキビやニキビになる前段階の毛穴が詰まった部分が、いくつもあると考えるのが妥当です。

 

白ニキビは、毛穴に皮脂や垢が詰まった状態です。
毛穴が完全にふさがってなければ、たまった皮脂が酸化して、黒ニキビと化します。
また、毛穴が完全にふさがっている場合は、たまった皮脂にアクネ桿菌により炎症が発生し、赤ニキビへと変貌と遂げていくのです。

 

一般に、ニキビを潰すのは症状を悪化させるだけで厳禁とされますが、白ニキビは、むしろ潰すのがオススメとされます。
雑菌が入らないように手を消毒してから、先の細い清潔なピンセット、できれば専用のコメドプッシャーを使って「ニキビの芯」を押し出し、最後に消毒して仕上がりと相なります。
ケアした当日は、日光になるべく当たらないようにし、入浴も控えた方が良いでしょう。

ニキビ対策は薬?化粧品?

ところで、「ニキビ対策にクリニックで処方してもらう医薬品と市販の化粧品とどちらを使うか?」というアンケートでは、「化粧品」と答えた人のほうが多数派でした。
医者に行く手間よりも、日常生活の中のデイリーケアでなんとか解決したいという思いがあるようです。
ただ、やみくもに「良さそうなスキンケア」をすればよいというわけではありません。肌質などによって使うべき製品も異なってきます。

詳しい情報はこちら→クリック!

ニキビ肌はデリケートですから、そのメカニズムや状態をよく理解したケアが必要。では、ニキビ肌にいいスキンケアとはどんなものでしょうか?

詳しい情報はこちら→クリック!

関連ページ

白ニキビの原因
白ニキビは、皮脂や垢が毛穴に詰まった状態にあるもので、ニキビの初期段階に位置付けられます。 その原因には、大きく、内因的なもの、外因的なものに大別されます。
白ニキビを治す方法
白ニキビは、赤ニキビや黒ニキビへと悪化する前段階であるので、早めにケアすれば、後遺症もなく、比較的簡単に治すことができます。
白ニキビの画像
白ニキビはその状態は画像を見れば一目瞭然。
白ニキビが大量発生!
白ニキビが大量発生!それは何らかの体の異常を知らせるシグナルかも。
白ニキビを潰す!
白ニキビを潰す!潰すタイミングと方法を間違えなければ、自力でも簡単にケアができます。
白ニキビはどうしてあごにできやすい?
白ニキビはどうしてあごにできやすい?顔の中で、左右の頬、あご、首を結ぶラインは、Uゾーンと呼ばれ、Tゾーンと同様、白ニキビができやすい部位。
顎の白ニキビのケア方法
顎は、顔の中でも紫外線などの外部の刺激にさらされやすく、皮脂分泌も多め。ケアはそれらのリスクコントロールから。
白ニキビが口周りに!
白ニキビが口周りに!原因は?対策は?
白ニキビにディフェリン
ディフェリンとは、最近販売されるようになったニキビ治療薬。白ニキビにも使われます。